読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ymsr5612の技術ブログと雑記

メモしとけと思った事ことをまとめたりしております。

amazon web serviceを学習するために買った本

備忘録

amazon wbe serviceを勉強するために買った本。
この記事を書いている日に家に届きました。
がんばって学習するぞ

Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-

踏み台サーバーにアクセスする際にsshコマンドで毎回パスワードを聞かれるのはしんどいので聞かれないようにしました。

問題

踏み台サーバーへアクセスするために ssh hogehogeとターミナルにコメンドを入力すると接続できていたのですが、ある時から毎回パスワードを聞かれるようになりました。

対応

これまで聞かれなかったものがなぜ、毎回聞かれるようになったのかは不明です。

改善した後も不明です。

以下のQiitaの記事を参考にssh-agentにパスワードを登録することで解決できました。

qiita.com

$ cd ~/.ssh

$ ssh-add hogehoge.id

$ {パスワードを求められるのでパスワードを入力}

これで登録されたことを確認

$ ssh-add -l

これで、次回からパスワードを聞かれずにssh接続ができるようになりました。

これから学ぶmacOSターミナル

これから学ぶmacOSターミナル

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識

Vagrantを利用して仮想環境を構築する 1

VirtualBoxVagrantをインストールします。 公式からパッケージをダウンロードしてインストール作業を行います。

公式サイト

Oracle VM VirtualBox

Vagrant by HashiCorp

1. virtualboxをインストールする。

1-1. Downloads – Oracle VM VirtualBoxにアクセスし OS X hosts をクリックするとVirtualBoxのインストールパッケージがダウンロードできます。 VirtualBox-5.1.12-112440-OSX.dmg  
 
 
f:id:ymsr5612:20170105133829p:plain  
 
 
1-2. VirtualBox-5.1.12-112440-OSX.dmgをダブルクリックしてインストールを開始します。  
 
f:id:ymsr5612:20170105134058p:plain  
 
 
 
1-3. インストールウィザードに従ってインストール作業を進めます。

f:id:ymsr5612:20170105134508p:plain  
 
 
 

f:id:ymsr5612:20170105134513p:plain  
 
 
 
f:id:ymsr5612:20170105134516p:plain  
インストールが完了しました。が表示されればOKです。


2. Vagrantをインストールする

2.1. Download - Vagrant by HashiCorpにアクセスし、Universal(32 and 64-bit)をクリックするとVagrantインストールパッケージがダウンロードできます。vagrant_1.9.1.dmg  
 
 
f:id:ymsr5612:20170105135238p:plain  
 
 
2.2. vagrant_1.9.1.dmgをダブルクリックしてインストールを開始します。  
 
 
f:id:ymsr5612:20170105135504p:plain  
 
 
2.3. インストールウィザードに従ってインストール作業を進めます。  
 
f:id:ymsr5612:20170105135907p:plain  
 
 
 
f:id:ymsr5612:20170105135910p:plain  
 
 
 
f:id:ymsr5612:20170105135914p:plain  
インストールが完了しました。が表示されればOKです。

VartualBoxはアプリをクリックしてアプリが起動すれば成功です。
Vagrantはターミナルから vagrant versionを入力し以下が表示されれば成功です。

Installed Version: 1.9.1
Latest Version: 1.9.1
 
You're running an up-to-date version of Vagrant!

駆け足でしたが以上です。
VartualBoxもVagrantもインストールは簡単ですね。

次はVagrantでイメージを作成します。

Vagrant入門ガイド

Vagrant入門ガイド

centos6.8 in Docker にlaravelをインストールする。

docker上のcentos6.8にlaravel動作環境を構築する。

centos6.8にとりあえず新しいユーザーを追加してからcomposerをインストールする

php 5.6 composer は最新版

ちなみにcomposerをインストールするまでが若干長い。 また、その後にcomposerでlaravelプロジェクトを作成すると完成までかなりの時間待つことになる。

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist ${NEW_PROJECT} ${LARAVEL_VERSION}

環境作るだけで自分は6時間掛かった... むずかしいな...

Laravel リファレンス[Ver.5.1 LTS 対応] Web職人好みの新世代PHPフレームワーク

Laravel リファレンス[Ver.5.1 LTS 対応] Web職人好みの新世代PHPフレームワーク

詳細!PHP 7+MySQL 入門ノート

詳細!PHP 7+MySQL 入門ノート

Rubyを覚えるための準備

これまでJava中心の開発をしてきたんだけどSler業界からWeb業界に転職したことで主要言語が変わりそう。

クリスマスに公式でバージョンアップした模様

2016-12-25 Ruby 2.4.0 リリース

本なら今のところこの辺を抑えておけば良さそう

たのしいRuby 第5版

たのしいRuby 第5版

プログラミング言語 Ruby

プログラミング言語 Ruby

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

サイトなら以下をブックマークすればなんとかなるはず。

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby リファレンスマニュアル (Ruby 2.3.0)

【docker】centos6.8に管理ユーザーを追加する

docker上のcentosにroot以外のユーザーを追加してsudo権限を付与します。

  • yumで最新版に更新します。
# update & clean
RUN yum update -y; yum clean all;
  • sudoをインストールします。 dockerではsudoサービスはデフォでは使えません。
# install sudo
RUN yum install -y sudo; yum clean all;
  • rootアカウントのパスワードを変更します。
# root setup passwd
RUN echo "root:abc1234" | chpasswd
  • ユーザーを新規作成します。ついでにパスワードも登録しておきます。
# create user
RUN groupadd -g 5000 dev-sec && \
    useradd -c 'dev-sec user' -d /home/dev-sec -g dev-sec -m dev-sec && \
    echo "dev-sec:abc1234" | chpasswd
  • ユーザーにsudo権限を与えます。
# sudo user
RUN echo 'dev-sec ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL' >> /etc/sudoers

このイメージを実行するとdev-secユーザーでログインしかつsudo権限を利用することができるようになります。